M&Aで介護関連事業に参入 シノケングループ

「不動産関連事業とのシナジー効果で事業の柱に」
篠原英明 シノケングループ 社長

 ‐11月に介護関連コンサルの株式会社リクロスを子会社化し、介護関連事業に参入されるそうですね。管理物件への高齢者の入居を促進するということですか。
 篠原 もちろんそうです。われわれが建設したマンション、アパートに住んでいただくことで社会貢献にもなると思います。
 ただ高齢者に住居を提供するだけでなく、介護サポートや24時間対応の通報、デイサービスへの送迎などお年寄りに安心して住んでいただけるサービスなど、「安心・快適」をキーワードに、株式会社リクロスがこれまで蓄積してきたノウハウをフルに活用するつもりです。
 ‐御社のアパートは若者向けというイメージがありますが。
 篠原 これまでは若者向けの物件でしたが、今後は、徐々に高齢者向けにコンバージョン(転換)を図りたいと考えています。超高齢化社会に突入し、誰もが高価な介護施設を利用できるわけではありません。よりリーナズブルな価格で、十分な安心と快適性が得られる、高齢者の方々に、そんなサービスを提供したいですね。
 ‐今回の経緯は。
 篠原 高齢者向けの事業を意識し出したのは3年くらい前からです。裾野が広い分野なのでその頃はどこから手を付けるかという判断はしていませんでしたが、業界動向もふまえ、当社の主力事業である不動産関連事業とのシナジー効果も期待できると判断し、今回のM&Aも以前から物色していたわけです。
 ‐12月3日付で介護関連事業統括会社の株式会社シノケンウェルネスを設立しましたが。
 篠原 12月中旬にリクロスをウェルネスの100%子会社にしました。ウェルネスは介護関連事業の統括会社、事業会社がリクロスという体制でいきます。
 ウェルネスでは将来的には住宅型老人ホームなども視野に入れ、また来年にはシノケンハーモニーにシニア住宅事業部を設置して、サ高住(サービス付き高齢者住宅)を受注する体制も構築します。今後この分野はもっと広がりが出るでしょう。これからはアパートやマンションの「販売」だけに頼らない事業展開を考えています。
 ‐この事業の数値目標は。
 篠原 売上高などの数値はいまのところ考えていませんが、いずれ不動産と並ぶような事業の軸に育てていきたいですね。
 ‐2012年12月期の業績予想を上方修正されました。利益が大幅増になりそうですね。
 篠原 営業利益、経常利益、当期純利益ともに過去最高になります。経常利益は約80%増です。アパート、マンションの販売が好調で、加えてストックビジネスもしっかり伸びました。また借入金の返済で金利が下がり、資金調達コストが軽減できたのも大きな要因です。
 しかし過去には、耐震偽装問題やリーマンショックなど厳しい時もありましたからね。われながらしぶとく生き残っているなと思います(笑)。
 ‐来年の見通しは。
 篠原 まだ業績的なことは言えませんが、マーケットとしてはいい状態が続くと見ています。全事業とも好調に推移していますからね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 企業名 キーワード検索 

  • ニュースカテゴリ

  • 掲載日

PAGE TOP ↑