3期連続で増収増益 12月期決算 過去最高益、不動産販売が好調 シノケングループ

株式会社シノケングループ(篠原英明代表取締役)は2月14日、平成24年12月期(24年1月1日~12月31日)の連結決算の概要を発表しました。
 それによりますと、当期の業績は、▽売上高/232億9900万円(前年同期比17・5%増)▽営業利益18億7200万円(同43・0%増)▽経常利益/16億300万円(同81・8%増)▽当期純利益/15億1200万円(同51・0%増)となりました。不動産販売事業の好調等により前年同期と比較し大幅な増収増益となり、三期連続で増収増益を達成するとともに、各利益については過去最高益を達成しました。
 当期の業績を各事業別にみてみますと、主力の不動産販売事業のうち、アパート販売事業が売上高66億9900万円、営業利益4億2100万円、マンション販売事業が売上高118億2000万円、営業利益12億9000万円で、依然好調な推移となっています。
 アパート販売事業では前期(67棟)を大幅に上回る118棟を販売し、さらに受注残が前連結会計年度末の81棟を大幅に上回る109棟となっています。また、マンション販売事業も前期(421戸)を上回る430戸を販売、契約残も95戸となっています。なお、25年12月期の販売計画については、アパート販売185棟、マンション販売450戸を予定していますが、既に受注・契約残も相当確保しているところから、計画達成に向け順調な販売状況となっています。
 このほかの事業では、不動産賃貸管理事業が売上高40億1100万円、営業利益5億400万円、金融・保証関連事業が売上高1億9100万円、営業利益1億3500万円、その他の事業が売上高5億7600万円、営業利益7400万円となっており、全事業において前期を上回る営業利益を達成しています。
 同社では平成25年12月期の業績予想について「不動産販売事業における受注、契約が増加していることや、販売物件の確保が概ねできていることにより、好調な販売状況で推移することが予想されることから、当期の業績を上回る過去最高益の更新を見込んでおり、売上高250億円、営業利益20億円、経常利益17億5000万円、純利益15億円」としています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 企業名 キーワード検索 

  • ニュースカテゴリ

  • 掲載日

PAGE TOP ↑