DDI Simulator ver.2.3を発売開始 富士通九州システムズ

当社は、12月20日(金曜日)よりDDI Simulator ver.2.3を発売いたします。

本製品は、医薬品開発過程において必要とされる、薬物の併用投与時に薬効・副作用発現の変動を引き起こしうる薬物間相互作用(*1)の程度を、体内動態パラメータの情報に基づき、基質薬物の挙動を、生理学的モデル(*2)を用いたシミュレーションにより定量的に予測するためのソフトウェアです。

今回のバージョンアップでは、被相互作用薬4件、阻害薬5件の薬物データを追加しました。その結果、FDA (Food and Drug Administration:米国食品医薬局)のドラフトガイダンスに記載されている薬物のカバー率が、被相互作用薬 51.4%、阻害薬(Strong、Moderate)50.8%となりました。

また、in vivo Ki値の最適化をおこない、より多くの被相互作用薬に対する予測精度向上を実現しました。

*1 血中に複数種類の薬物が存在することにより、薬物の作用が増強・減弱すること

*2 薬物が、血液によって組織に運ばれて、組織に分布したり、代謝・排泄する生体運命を
そのまま記述しようとするモデル

【製品名】

DDI Simulator ver.2.3

【特長】

  1. 薬物データの追加:
    9件の薬物データ(被相互作用薬4件、阻害薬5件)を データベースに追加しました。
  2. In vivo Ki値の最適化:
    2件の阻害薬(Itraconazole、Ketoconazole)について、複数の臨床データよりin vivo Kiの最適化をおこないました。

【発売日】

2013年12月20日(金曜日)

【価格】

年間利用価格:2,500,000円~(税別)

【DDI Simulator紹介サイト】

http://jp.fujitsu.com/group/kyushu/services/lifescience/ddi-simulator/


【会社概要】

社名 株式会社富士通九州システムズ
代表取締役社長 黒田 高史
設立 1981年7月20日
所在地 〒814-8589 福岡市早良区百道浜2-2-1 富士通九州R&Dセンター
資本金 3億円(富士通株式会社100%)
従業員数 800名

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
ヘルスケアソリューション本部ライフイノベーション部
電話: 092-852-3131(直通)

お問い合わせフォームへ

以上

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 企業名 キーワード検索 

  • ニュースカテゴリ

  • 掲載日

PAGE TOP ↑