液晶化合物データベース「LiqCryst」バージョン5.2を発売開始

当社は、アジア総代理店としてLiqCrystバージョン5.2を2月13日(水曜日)から発売いたします。

LiqCrystは、液晶研究の専門家であるドイツのハンブルグ大学教授Dr.VolkmarVill氏によって開発された液晶化合物データベースシステムです。本システムは、1995年から世界初の液晶化合物データベースシステムとして提供してきました。液晶の新規化合物情報は日々増加しており、研究者にとって最新情報を取得することは研究に不可欠です。LiqCrystはこれらの問題を解決すべく、液晶化合物の化学構造・物理特性値・文献情報などの高速検索機能や、検索結果の統計分析機能を備えています。

今回のバージョンアップでは、新たな文献や特許情報から得られた約1,300件の新規化合物情報を追加しました。また、年間ライセンスの販売を開始いたしましたので、研究予定にあわせて、お求めやすい価格でご利用いただけるようになりました。

【販売価格】

商品名 区分 永久ライセンス 年間ライセンス
LiqCryst5.2 学位授与機関 429,000円(税抜) 95,000円(税抜)
一般企業、その他団体 786,000円(税抜) 198,000円(税抜)
LiqCryst5.2 Advanced 学位授与機関 637,000円(税抜) 142,000円(税抜)
一般企業、その他団体 1,046,000円(税抜) 280,000円(税抜)

【特長】

LiqCryst5.2:基本データベース

現在知られているサーモトロピック液晶化合物(*1)を網羅しており、液晶関連の125,996件の文献や特許情報から得られた107,773個の化合物に関する情報を収載しています。

LiqCryst5.2 Advanced(*2):基本データベース+登録機能

LiqCryst5.2に研究者所有のデータ(化合物・物理特性値・文献情報等)を登録することができます。また、データベースに登録されている化合物に新たな情報を追加登録することもできます。

*1:サーモトロピック液晶化合物:温度の変化(加熱・冷却)で液晶相が生成する液晶化合物。

*2: LiqCryst5.2 Advanced :LiqCryst5.2の全データと機能を含んでいます。

【販売開始】

2013年2月13日(水曜日)

【販売目標】

50本/年間

【動作環境】

OS:WindowsXP/Vista/7

CPU:Intel Pentiumシリーズ

メモリ:512MB以上

HDD:1GB以上

【商標について】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


【会社概要】

社名 株式会社富士通九州システムズ
代表取締役社長 川田 敏郎
設立 1981年7月20日
所在地 〒814-8589 福岡市早良区百道浜2-2-1 富士通九州R&Dセンター
資本金 3億円(富士通株式会社100%)
従業員数 1,500名

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
テクノロジーソリューション本部ライフサイエンスソリューション部
電話: 092-852-3131(直通)

お問い合わせフォームへ

以上

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 企業名 キーワード検索 

  • ニュースカテゴリ

  • 掲載日

PAGE TOP ↑